Just another IPS Sites site

CBD Sign-On Letter

Organizations interested in signing this letter, please contact Peter Galvin (pgalvin@biologicaldiversity.org) before April 20, 2010.

Dear Colleague,

As you are already likely aware, a massive U.S. military project threatens to destroy a critically important coral reef near Henoko, Okinawa. It would destroy vital habitat for almost 400 types of coral, more than 1,000 species of fish, 3 species of sea turtle, and numerous other rare wildlife species including the endangered dugong, cousin to the manatee and cultural icon in Japan. Local residents have voted against the airbase project in a referendum, and now Okinawa’s Prefectural Assembly has unanimously passed a resolution asking Japanese Prime Minister Hatoyama to move the Marine Corps air operations off the island. Yet Washington continues to ignore their voices, and Tokyo remains undecided.

Prime Minister Hatoyama has said he will wait until the end of May 2010 to decide whether to proceed with relocating the Marine Corps Air Station at Futenma to Camp Schwab as planned in the 2006 U.S.-Japan realignment agreement, or whether he will attempt to negotiate with the U.S. for an alternate site.

Therefore, it is critical we act now. Please join us by signing this letter telling President Obama and Prime Minister Hatoyama close Futenma and cancel plans to relocate to Henoko Bay. Adding your voice to this effort will help greatly in the effort to protect the dugong and one of the most biologically significant places on earth. Thank you very much for your support.

Sincerely,

Peter Galvin
Conservation Director
Center for Biological Diversity
P: (707) 986-2600
Email:
pgalvin@biologicaldiversity.org

Dear President Obama and Prime Minister Hatoyama:

If the proposal to relocate the military operations of U.S. Marine
Corps’ Futenma Air Station to Camp Schwab and Henoko Bay moves forward
as planned, it will destroy one of the last healthy coral reef
ecosystems in Okinawa and push several nationally and internationally
protected species to the brink of extinction.

Under a 2006 bilateral agreement, the U.S. and Japanese governments
agreed to relocate the contentious Futenma Air Station to Camp Schwab
and Henoko Bay. However, this short-sighted plan did not take into
consideration that the relocation would destroy a valued ecosystem,
including the nearly 400 types of coral and habitat for more than
1,000 species of fish. It would also adversely impact imperiled sea
turtles and the iconic, Okinawa dugong.

The critically endangered and culturally treasured dugong, a manatee-
like creature, relies on the pristine conditions of Henoko Bay.
Japan’s Mammalogical Society placed the dugong on its Red List of
Mammals, estimating the population in Okinawa to be critically
endangered. The Okinawa dugong has considerable cultural significance
for the Okinawan people, and only about 50 dugongs are thought to
remain in these waters. The base construction would imperil the last
remaining critical habitat for the Okinawa dugong, destroying feeding
trails and seagrass beds essential for dugong survival.

Not only is the Okinawa dugong locally revered, it has been
internationally recognized as a species of special concern and status.
The International Union for the Conservation of Nature has designated
the 2010 Year for Biodiversity as the year of the dugong. The IUCN has
urged the Japanese government to establish a dugong protected area as
well as an action plan that would avoid or minimize adverse effects
caused by the U.S. Marine Corps facility. The World Conservation
Union’s dugong specialists have expressed similar concerns and have
placed the dugong on their Red List of threatened species. The Okinawa
dugong is also a federally listed endangered species under the U.S.
Endangered Species Act, and the U.S. government’s Marine Mammal
Commission fears the project would pose a serious threat to this
mammal’s survival.

The base plan would devastate dugong habitat in Henoko Bay and nearby
Oura Bay. The recently elected Japanese Prime Minister Yukio Hatoyama
and the Democratic Party of Japan have expressed the desire to
renegotiate the 2006 agreement and cancel plans to relocate the base.
Local residents have voted against the airbase project in a
referendum, and now Okinawa’s Prefectural Assembly has unanimously
passed a resolution asking Prime Minister Hatoyama to move the Marine
Corps air operations off the island. The prime minister has announced
he will wait until the end of May 2010 to decide whether to proceed
with the relocation as planned in the 2006 U.S.-Japan realignment
agreement, or whether he will attempt to negotiate with the United
States for an alternate site.

We urge you to renegotiate the terms of the 2006 realignment agreement
and abandon this destructive project and ensure the Okinawa dugong has
a fighting chance at celebrating its importance in 2010 and years to
come. By canceling the plan to construct an airbase near Henoko Bay,
you will protect a globally important ocean ecosystem and some of the
best remaining habitat for the Okinawa dugong. You have the ability
and duty to alter the course of this devastating plan, but time is of
the essence. We urge you to direct the U.S. secretaries of defense and
state to cancel this project immediately.

Sincerely,

A coalition of hundreds of groups representing millions of  people, as
listed on the following pages, has called for the cancellation of the
base plan and the protection of the dugong and the precious ocean
habitat of Okinawa.

ご賛同いただける団体は、4月20日・午後5時(アメリカ・カナダ西海岸時間)(日本時間4月21日午前11時)までに、ピーター・ガルビン(Peter Galvin pgalvin@biologicaldiversity.org)までご連絡いただけますとありがたいです。また、今回の賛同署名にご賛同いただけそうな他の団体への転送もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さまへ

すでにご存知の通り、沖縄県名護市辺野古沿岸の極めて貴重な珊瑚礁が、巨大な米軍基地建設計画によって破壊される脅威にさらされています。この新基地建設が実施されると、約400種の珊瑚、1000種以上の魚、3種のウミガメ、そして、マナティーと同類であり、日本の天然記念物であるジュゴンなど、その他多くの希少野生生物にとって重要な生息地が破壊されることになります。名護市住民はこれまで、住民投票で米軍基地建設に対して反対票を投じ、加えて、今回の沖縄県議会においても、米軍海兵隊基地を国外・県外移設するよう鳩山首相に求める意見書案が全会一致で可決されました。しかし、米国政府はその声を未だ聞き入れることはなく、日本政府も決断できないままでいます。

鳩山首相は、2006年の日米合意案どおりに米海兵隊普天間基地のキャンプ・シュワブ沿岸への移設を進めるのか、あるいは、米国側に対して新たなる代替地の交渉を試みるかを、2010年5月末までに決断すると表明しています。

このような状況から、今、私たちは行動を起こさなければなりません。そこで、オバマ大統領と鳩山首相へ普天間基地閉鎖と辺野古への移設計画の撤回を求める意見書を提出いたします。この意見書への署名にご賛同をお願い申し上げます。皆様の声をこの意見書に載せることは、ジュゴンと、生物学的に地球上で最も重要な場所のひとつを守る活動に大きな助けとなります。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

生物多様性センター
自然保護ディレクター
ピーター・ガルビン
電話 (707)986-2600
Email: pgalvin@biologicaldiversity.org

アメリカ合衆国大統領 バラク・オバマ 殿
内閣総理大臣 鳩山由紀夫 殿

拝啓

米国海兵隊普天間基地のキャンプ・シュワブ及び辺野古沿岸への移設案が計画通りに行われれば、沖縄に残された健全な珊瑚礁の生態系の一つを破壊し、国内外で保護されている多くの生物を絶滅の危機へと追いやることになります。

2006年の二国間合意において、日米両政府は、問題が山積の米軍普天間飛行場をキャンプ・シュワブ、辺野古沿岸へ移設することに合意しました。しかしながら、この移設計画は、約400種もの珊瑚や1000種以上の魚の生息地を含む貴重な生態系を破壊してしまうことを考慮に入れていない短絡的な案です。さらに、絶滅危惧種のウミガメや豊かな自然環境を象徴し天然記念物である沖縄ジュゴンに悪影響を及ぼすことにもなります。

姿がマナティーに似ていて、文化的にもなじみの深い沖縄のジュゴンですが、今、絶滅の危機に瀕し、辺野古に残された僅かな手つかずの自然に身を寄せて命をつないでいます。日本哺乳類学会では、沖縄のジュゴンの絶滅が加速すると判断し、ジュゴンを絶滅危惧種の哺乳類としてレッドリストに登録しました。沖縄の人たちにとって文化的にも重要なジュゴンは、今では沖縄の海に僅か約50頭しか残っていないといわれています。新基地建設は、そのジュゴンが生き残るために必要な餌場である海草藻場を破壊し、沖縄のジュゴンに残された最後の貴重な生息地を脅かすことになります。

沖縄のジュゴンは、その地域だけで大切にされているのではなく、世界中から関心を集める特別な生き物としても認められています。国際自然保護連合(IUCN)は、「2010年国際生物多様性年」におけるジュゴン保護の推進(「ジュゴン年」)を決議しています。そして、ジュゴン保護区の設立や、米国海兵隊基地建設による悪影響を最小限、または避けるための行動計画の設立を日本政府に強く求めています。また、国際自然保護連合のジュゴンの専門家は、日本哺乳類学会と同じような関心を示しており、ジュゴンをIUCNの絶滅危惧種のレッドリストに掲載しています。さらに、米国の「種の保存法」(Endangered Species Act)のにおいても、沖縄のジュゴンは絶滅危惧種とされています。また、米国政府の海洋哺乳類委員会(Marine Mammal Commission)は、辺野古への基地建設計画がジュゴンの生存に深刻な脅威を招くことを懸念しています。

この基地建設計画は、辺野古や隣接する大浦湾に位置するジュゴンの生息地を破壊することになります。昨年の衆議院選で勝利を収めた鳩山由紀夫内閣総理大臣と民主党は、2006年合意案の見直しと基地移設計画の撤回の要望を表明しています。名護市民もこれまで住民投票で米軍基地建設に対して反対を表明し、先日、沖縄県議会も、米国海兵隊基地を国外・県外へ移設するよう鳩山首相に求める意見書案を全会一致で可決しました。鳩山首相は、2006年の日米合意案どおりに米国海兵隊普天間基地をキャンプ・シュワブへ移設することを進めるかどうか、あるいは、米国側に対して新たなる代替地の交渉を試みるかどうかを、2010年5月末までに決断すると表明しています。

私達は、オバマ大統領と鳩山首相が、2006年日米合意案の条項について再交渉し、この破壊的な基地建設計画を中止し、そしてジュゴンが国際生物多様性年である2010年、そしてそれ以降も、末永くその命を輝かせることができるようにしていただくことを強く要請いたします。辺野古沿岸への飛行場建設計画を撤回することによって、オバマ大統領と鳩山首相は、地球規模の視点からも重要である海洋生態系と、沖縄ジュゴンに残された最適な生息地を守る英断を下すことになります。オバマ大統領と鳩山首相には、この破滅的な計画の方向性を変える力と義務があります。その英断を下すのは今です。私達は、この移設案の撤回をアメリカ合衆国国防長官と国務長官に直ちに指示されるよう強く求めます。

敬具

基地建設計画の撤回とジュゴンと沖縄の尊い海の環境の保護の呼びかけに賛同した世界中の人々を代表する各団体の署名を同封(添付)しております。どうぞご覧ください。

(原文はhttp://closethebase.org/2010/03/13/center-for-biological-diversity-sign-on-letter/ を参照。)